朱雀館 SUZAKU CROSSING

SDGSへの取り組み

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。 (外務省ホームページより引用)

朱雀館では、以下の項目のような持続可能な未来の実現に貢献できるSDGsに取り組んでまいります。

朱雀館の持続可能な取り組み


最低賃金+αの雇用


朱雀館では、京都市が定めるの最低賃金である909円より91円上回る時給1,000円にてアルバイト、パート両方への雇用を進めています。これによって朱雀館で働くすべての人やその家族がより良い生活を送れるようにという思いです。
また今後の新たに、世界の貧困を無くす活動として世界の貧困地域への募金活動や、寄付を進めて行く予定です。



イメージ画像

禁煙ホテル営業


滞在するすべてのお客様、スタッフ、近隣住民、などすべての人が健康で快適に過ごせるように、また喫煙者の禁煙を促す目標として朱雀館では管内全域および全客室禁煙にて営業しています。
また今後新たな活動として「世界の子どもにワクチンの寄付」を目指してスタッフ一同、活動を進めて行きます。



イメージ画像

男女平等雇用、外国人の継続雇用


朱雀館では、ジェンダーの平等を実現させるため、積極的に雇用を進めています。現在の男女雇用比率は50%です。人や国の不平等を無くすため、外国人の雇用も継続的に行っています。
今後の目標としては、産後職場復帰支援、男性の育休補助、従業員の介護補助の制度を実施していく予定です。



イメージ画像

地域住民の安全に関する取組


朱雀館では、平和で安全な街づくりを目指し、館外に監視カメラを設置し24時間録画を実施しています。また住み続けられるまちづくりに貢献できるよう、地蔵盆の際には敷地を貸し出し協力しています。
今後はさらに世界文化遺産への寄付やゴミの分別化の促進を実施していく予定です。



イメージ画像

環境に関する取組


環境に関する取り組みとして、館内で出たゴミの分別、また客室清掃時にはエコ清掃を強化しています。つくる責任、つかう責任を頭に置き出来る事は進んで取り組んでいます。また節水機器を導入し、大切な資源を無駄なく使用出来るように取り組んでいます。
今後は植樹活動への参加や支援を進めて行く予定です。



イメージ画像

災害対策


朱雀館では、災害発生時にスタッフ、お客様が安全かつ速やかに避難できるように日頃から定期的に訓練を実施しています。また、避難方法についてのマニュアルも作成しています。
災害時には近隣住民の避難場所として利用してもらえるよう、避難場所としても登録していく予定です。